読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IT系メモ

興味のあったことや、勉強したことなどをメモしていきます。

アダルト系VR

アダルト系のVRの体験会がアキバであり、多くの人が集まったようです。DVDやネットがエロが牽引したという過去があるので、注目度の高さが伺えます。

 

新しい技術が出てくるたびにエロ業界のコンテンツが最初に手を出してなんとかしてくれるだろうという期待があると思うのですが、なんせDVDの時のように機械が安いわけではないという問題があります。

 

全国の エロビデオ視聴に、VRが導入される可能性はあるものの、2年後にやっぱりダメだったよねと言われるのを折り込み済みで動いているVR業界ですから、状況を見ながら判断するという感じではないかと思われます。

 

アダルトVRの可能性

アダルト系VRのガジェット関係も増えていくのだと思われます。

 

この先どういうガジェットが出てくるのかですが、SM系は出てくるのでしょう。アナルに突っ込むというのも出てくるかもしれません。

既に過激な映像合戦になっているVR業界ですから、より高い刺激を求めることになっていくのでしょう。

ネットで少数派の性癖が細々とした集まりをVR空間上で開催するのも出てくるかと思われます。

 薬の代わりに刺激を強くするガジェットなんてのも出てくるかもしれません。

アダルト系VRの問題点

没入感が売りのVRですが、他人がいつ部屋に入ってくるか問題があります。ただでさえHMDをつけている状態がヤバイ感じがあるのに、手をこんな感じにしていて、しかも下半身出してるとか、そんな状況なわけです。

部屋の前に誰かが来た時点でアラートが出るようなことはIoTで解決してくれるのでしょうか。

あとは長時間見ていられないということも問題でしょう。

他にも一つのエロを体験したあとに、次のエロを体験するためにPCに戻る必要があるとか、VRだけでプラットフォーム完結してないとか。

  

新しいエロジャンルの確立

大きな人物に対する性癖は既にジャンルとしてはあるのですが、2Dで見ていたもの違い映像的にインパクトを感じたので選んでみました。

今までとは異なったジャンルが出てくる可能性があるのもVRに期待できるところなのだと思います。 

 

 

先行しているCM3D2

既にHTC Viveに対応しているカスタムメイド3D2では、目の前に実際にいるように感じるという実感が得られており、検索をかけるとすごいカオスな世界が覗けるかと思います。

 

没入感を得ようとすると、細かいところが気になってしまうというところで、気軽にカスタマイズ出来て、クオリティが一定の水準を超えている辺りなのでしょう。

 

キャラクター系に関して

エロ向けのボイスロイドであったり、声を当てるエロ担当声優さんも出てくるような気がします。

 またWebカメラで人の表情を読みとり、それに合わせてキャラクターの表情をかえるFaceRigというのがあるのですが、モーションキャプチャやコントローラーでキャラを動かすというのもありえます。

 

チャットレディという古くからカメラに向かってエロい体制を見せるというのがあるのですが、実際の顔や体を写す代わりに、キャラクターを動かして、VR体験をさせるというジャンルも出てくるかもしれません。

今までだと身元バレだとかそういうのにビクビクしていたと思うのですが、VR空間上のキャラを動かすだけなので、ハードルは下がるのかもしれません。

キャラクターのイメージ通りに動いてくれるや、頬を赤らめるタイミングが秀逸だとか、そういう新しい基準のYouTuberのような、VRキャラを動かす人のランキングが出てくるかもしれません。

 

女性向けホモ系

MMDがライセンスの関係でごちゃごちゃしてしまっているので、キャラクター系が出てくるかどうかもよくわかりません。

VRのHMDをつけるのに女性の場合は、他の人が使っているのを使うのに抵抗があると思われるので、顔に当たる部分に紙を挟めるようにして、ファンデーションが取れないようにするとか、そういうのはあります。

ゲームセンター側などだとそういうのを気にしたり、あとはHMDをつけた跡が残らないとか気にするのだと思います。

 

家庭では気にしないで、好きなキャラが目の前にいるように感じるのであれば、少なからず出す人もいる・・・かも。