読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IT系メモ

興味のあったことや、勉強したことなどをメモしていきます。

Twitterでのツイートは鍵と公開の間、クラスタには公開されるような中間拡散層が必要なのでは

常に炎上先を探す人は一定数いるわけであり、Twitterは誰にでも公開されるのと、知り合いだけに広めるのと2種類しか選択肢がなく、中間となる、自分が拡散したい層にだけ広めるというのが必要なのではないか。

何もしないと誰からでも見られる状況になるわけだが、身近な人にだけ公開しているように見えて全世界に公開されているといったのが、ダメだったのだと思われる。

タグもだいぶ普及したので、タグを知っている人、つまりある程度バックエンドを知っている人間には公開するが、それ以外は知ることが出来ないような仕組みだ。

それでも全体公開からタグを調べて、クラスタに入ってしまえば見えるのではないかと言われるかもしれないが、まとめサイト対策という意味も含まれている。

誰でも見られるので、まとめサイトに掲載されるわけだが、クラスタ限定公開は非表示にするような仕組み。それでもスクリーンショットを撮って拡散も出来るし、どちらかというと、炎上先の本人が隠したがっているものを暴いてやったぜという方が、炎上時のインパクトは逆に大きくなるデメリットもある。

ただどれだけ労力をつぎ込もうが暴こうとする人はいるわけなので、そこに注力してもという気もする。