読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IT系メモ

興味のあったことや、勉強したことなどをメモしていきます。

Mastodonに思うこと、続き

複数アカウントを使うことを前提に作られていない

pixivがインスタンスを作ったことで、趣味ごとのインスタンスが増えていくことが言及されているが、複数のインスタンスに複数のアカウントを作ることを想定して作られていないのが気になる。

ツイートごとに公開できる範囲を変えるのは、人間がやる以上ミスが起こるので、フォロワーごとにアカウントを変える。そのため複数のアカウントを切り替えながら使うというのが今の使い方だと思うのだが、それに対するものが無い

このあたりがTwitterの面倒臭さが出てきたことであり、自分が普段構築している人間関係とは異なった人達との交流を望みつつも、意図しないクラスタへの影響することを怖がるという、今の問題に解決策をもたらしてはいない。

mixi互換の趣味SNSが衰退した過去を乗り越えられるか

mixiが終わった後に、mixiの見た目を真似た趣味のSNSが乱立したわけだが衰退していった。

クラスタが限定されているので広告効果がありそうだ、だったわけだが、そうは上手くいかず、広告収入を得るのも大変で維持するのも難しい。

 

インフラの維持にかかる費用をどうペイするかだが、クラウドは特にその解を与えているわけではなく、インフラで儲けるためになっている。

 

pawooはトゥート以外の宣伝方法を準備できるか

想像している1つは、コミケの地図とツイートの連携であり、マップ上へのどれくらい人気があるのか、興味のある本があるのかなどである。

それだけではやはり維持にかかるお金を準備できないので、他にも宣伝方法が必要となる。

ツイート以外の何かが生まれているわけではない

分散というのが技術的に新しい感じがあるのだが、ユーザー側からすると面倒くさいだろうなと思えてくる。まだ日本人には2インスタンスなので、それほど困らないのだろうが。

 

分散出来ていないのでは

日本だと上位2つのインスタンスに人が集まってしまっている。
ユーザーの囲い込みではなく、全インスタンス共通でアカウントは管理で、各インスタンスは何かに特化したことを提供し、ユーザーはワールドを移動していく、といった方が分散っぽくて分かりやすかったのではなかろうか。

山手線の各駅を回るみたいに分散サーバーを回る感じで