読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IT系メモ

興味のあったことや、勉強したことなどをメモしていきます。

中判ミラーレス「GFX 50S」

dc.watch.impress.co.jp

 

上記の記事以外に公式サイトや特集ページのYouTubeの動画やサンプル画像を見ての感想です。

これまで中判デジを使っていた人向け

AFの精度は実際わからないですが、イメージセンサー上のAFを使うのでAFエリアが広いのがストレスを感じないところではないでしょうか。

ピントに関してもタッチパネルで動画を見た限りだと、スマフォとそれほど変わらずに確認出来ていそうです。

フルサイズの645は期待出来ないというか流石にそちらは市場がないということでレンズが80mm標準ではなくなっています。
あまり焦点距離が35mmフルサイズと変わらない・・・。50mmと63mmだと何もわからないでしょう。


ボケの量は35mmフルサイズ用のF1.4などのレンズの方がボケますので、APS-Cから35mmフルサイズ比較してセンサーサイズが大きいからボケるとよくあるのはあまり期待しない方がいいです。

それで80mmのレンズでF8以上に絞って被写体の奥行き全部にピントがあって切り抜いたように写すのが中判デジだと思うのですが、ざっと見た限りでそれっぽい映りのサンプルはなさそう。

 

120mmは室内でライティングして撮影するときは使うので、こちらは中判っぽくなるのかなと。

 

色味はどうなの?というのが気になるところなのですが、自然な色味なのでそれほどいじらなくて良さそうです。

モアレはCaptureOneでは出ても後処理で消せるくらいにはなっていますが、RAW対応してくれるかどうか・・・

 

f:id:qpci32siekqd:20170120233202p:plain

上がサンプルなのですが、左はダイナミックレンジ100%でF8で見たかったのと、
真ん中はなんで120mmせっかく使ってるのにF8以上に絞らないのか・・・。
ISO100のが見たかったですね。

 

これまで中判デジを使ったことがない人むけ

これが中判画質か!を期待するよりも画素数だけ気にした方がいいように思います。
5000万画素だとキヤノン5DsRより写りはよさそうです。