読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IT系メモ

興味のあったことや、勉強したことなどをメモしていきます。

α7R II+MC-11で手ブレに苦労している

ボディ側に手ブレ補正があることを期待していたのだけれど、どうも手ブレ補正が効いているのかがよくわからない。キヤノンのボディで手ブレ補正付きのレンズを使って撮影したときに比べると手ブレ補正が効いていないように見える。

もちろん画素数が違っていたりするので、比較出来ないのだけれど、シャッター速度が1/320などでも派手に手ブレしている。
手ブレ補正を切って撮影すると1/160であまりブレなく撮れているので、手ブレが逆に悪く作用しているのか…。

1/30のようにシャッター速度が遅い場合にだけ、手ブレ補正をかけるべきなのかがわからない。

 

現状の状況は

  • 風景撮りで無限遠にピントを合わせるような場合には、効いているような気がする。
  • 1m~2mくらいで人物撮りした時は手ブレが気になる。
  • 手ブレの焦点距離をオートにしてもマニュアル設定にしても変わらない


という感じ。癖でカメラを振ってしまっている可能性もなくはないが、別のボディだと大丈夫なシャッター速度でブレているので困っている。
高画素も生かせられていない。