読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IT系メモ

興味のあったことや、勉強したことなどをメモしていきます。

これから写真に求められるものとは

写真を使って何をするか

ブロガーやInstagramインフルエンサーからすると、写真の綺麗さについてはそれほど気にしていない。
どれだけ雰囲気にあう写真があるかどうか、どれくらいイイねが押されるかということの方が価値がある。

イベントなどでキャッチーな背景があるとか、フォトスポットが用意されているかとか、有名人と一緒に写っているかとか、アッパーでハッピーな写真に写っているかの方が重要。

 

皆が羨むような上級階級の生活感が現れている写真がいい

どれだけ高いカメラを買っても、センスがいい写真が撮れるわけではない。

センスを磨いて良い写真が撮れるようになるまで苦労する。

 

だったら、誰かが撮ったアッパーな生活感のある写真をどっかから引っ張ってくる方がいい。

 

自分で写真を撮ると、自分の生活感しか表示されないのだ。
よりアッパーな生活感をカメラを買って出せるわけではない。

 

映画などの色合いで撮れるカメラの方がいい

記録写真がどれくらい綺麗に撮れていたとしても、それは多くの人にとってリアルではない。
頭の中にある風景は、加工ゴリゴリされている映画のようなカメラであり、自分で撮るとそのギャップが酷い。

色の再現度が高いとかはあまり求められていないと思われる。
写真の展示だけみると年々大きな展示の方がいい(日常的に触れているディスプレイよりもせっかく紙に印刷するのだから大きい方がインパクトがある)となってるので解像度必要だけれども、どれくらいの人が展示するのか。

より加工に強いカメラ

たとえばPhotoshop被写界深度でマスクを作る機能がある。
RAWデータに被写界深度ごとのマスクデータを入れておき、Lightroomで遠いものをよりボカすといったことや、背景を切り抜くといったことが出来た方が多くの人にとっていいのではないか。

カメラの価格帯別

  1. 100万以上  ・・・ レンタルするもの。
  2. 30万~70万 ・・・  ハイアマ。プロ。SNSでのインフルエンサー
  3. 20万     ・・・ 写真趣味なひと。一人暮らし
  4. 10万     ・・・・ 家族写真。写真趣味なひと

カメラの台数が少なくなっていくので、カメラの価格は高くなっていく。

 

30万以上は写真で何かしらか稼げるだとか、SNSリツイート数が稼げるだとか、そういう価値がなければ買われないと思われる。