読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IT系メモ

興味のあったことや、勉強したことなどをメモしていきます。

EF24-70mm f2.8L II USMが届いたので旧型と解放時の中央の画質を比較

注文していたEF24-70mm f2.8L II USMが届きました。

f:id:qpci32siekqd:20121025212737j:plain

 

新型のマイクロアジャストメントを行うついでに旧型との比較をしてみました。

Spyder Lenscalを使っています。AFは中央で、距離は2mほど離れています。画像はSpyder Lenscal部分だけを切り抜いています。周辺部の画質については今回は考慮していません。

 

旧型EF24-70mm F2.8L USMの解放F2.8ではこんな感じ。

f:id:qpci32siekqd:20121025212828j:plain

 

新型のEF24-70mm f2.8L II USMではこんな感じです。

f:id:qpci32siekqd:20121025213019j:plain

 

両方ともマイクロアジャストメントで一番解像度が高い状態を探してます。

ズームレンズでは解放時はモヤッとしていて、単焦点のピントが合った箇所のキリッとした感じがなくてズームレンズと単焦点を使い分けていたのですが、解放からこれだけキリッとしていれば単焦点に変えなくても撮影する場面が多くなりそうです。

 

まだ1時間も触っていないのですが、旧型ではスゥーとAFが合っていたのが、新型ではズィーという音がするようになってしまったのが残念です。音的にはEF24-105mmF4が近いです。

 

自分の最近の撮影スタイルではF5.6やF8でストロボを使った撮影が多く、どれだけ解像感が出るのか楽しみです。